Pilates as Conditioning – Pilates as Conditioningは、ピラティスをピラティスとして学ぶのではなく、多角的な評価に基づいて目の前のクライアントの現状を確認し、クライアントの身体の状態に合わせて、姿勢やスタイルの改善、機能改善、腰痛や肩こりなどの痛みや不調の改善、パフォーマンスの向上などをサポートし、目の前のお客様をより良くする為に、ピラティスをコンディショニングとして活用する考え方と方法を学び、実践していきます。







エクササイズ動画サンプル:ロールアップロールダウン




※有料会員登録頂き、E-Learningページにて視聴頂く際は1~4倍速で見ることが可能です

 

Pilates as Conditioningの特徴についてはコチラ







養成コースについて







養成コース



養成コースについてはこちら


 




ピラティスムーブメントアセスメント®


養成コース





ピラティスムーブメントアセスメント®についてはコチラ







法人サービスについて



法人の方はコチラ







Pilates as Conditioning Academy


月額利用料金


1日たったの120円で、170以上の学習コンテンツと毎月約8本の追加コンテンツが学び放題




 

料金プランについてはコチラ









 

ピラティスインストラクターの方はコチラ








トレーナーの方はコチラ








治療家や医療従事者のはコチラ







Academy 入校生の声


 

Serene Pilates&Conditioning Studio


Eri Kikuchi 


約10年、様々なピラティス団体、他指導者育成コースなどで学んできましたが これだけ、包括的にしかもこのお値段で!学べる場所は見たことがありません。

ピラティス指導の経験を積むことで沸いてくる現場での【なぜ】このクライアントさんはこういう動きをするのだろうか、【何を】したらその姿勢から抜け出すことができるのか 疑問に対して、論理的に説明してくれています。

私のお気に入りは、エクササイズの説明や、目的だけでなく起こり得る代償運動の理由(←ここが凄い!)を、筋骨格系の観点だけでなく、脳や神経系のお話も織り交ぜながら 解説されているところです。 そこから修正するための思考のプロセスは、いつも発見の連続でワクワクします。

また、エクササイズ前に必ずクライアントさんの動作を評価する方法や理由を教えて頂いてから、実際、クライアントさんにレッスンの効果や楽しさをより感じていただけるようになりました。 お客様の目的に合わせて、説明できる力を養えれば信頼していただけますし、売り上げや、予約への獲得に結び付いているように感じます。

解剖書を読んで、難解なところも、ピラティスアズの講義を聞くと、点と点が繋がり、ものすごく理解度が上がります。

養成コース選びで悩んでいる方や、指導者にこうで教わったからこの流れでやる。でもなんでだろう、の疑問がある方には是非是非おすすめしたいです。 マットでも十分に変化を与えることができるピラティスアズの内容、このコロナ渦だからこそ存分に活用できると感じています。




Pilates as Conditioningの開発と想い


ピラティス氏が生まれたのが1883年、私が生まれたのが1983年。ピラティス氏が生活されていた100年前と比べ、現代のライフスタイルはテクノロジーの進化により大きく変化し、姿勢など身体の状態も異なります。


Pilates as Conditioningは、従来のピラティスの考え方だけではなく、最新のコンディショニング理論や医科学的知識、15年以上にわたる指導・育成経験、多くの方からの学びを融合して開発致しました。現代のライフスタイルや現代人の特徴に合わせたコンディショニング理論と、多角的な評価に基づき、安全に、身体の変化を楽しんで頂きながら、目の前のお客様をより良く出来ます。


皆様と一緒に学び、実践をしていくことで、ピラティス氏の世界中の人々を健康にしたいという想いと同じ様に、より多くの方々の健康的で豊かな毎日に貢献を出来れば嬉しく思います。


Pilates as Conditioning Founder 小林俊夫