ピラティスムーブメントアセスメント®について

 

ピラティスやピラティスを活用したコンディショニングを、安全に効果的に提供し、クライアントの目的を叶えるのに必要となる「機能評価と機能解剖を2日間で学んでいくピラティス機能解剖®コース」「神経的評価及び機能神経科学を2日間で学んでいくピラティス神経科学®コース」があります。

また、コンディショニングのステップ理論の段階と評価を対応させることで、クライアントの身体の状態を見極めやすく、より効果の高いレッスンプログラムが組める様になっております。

ライフスタイルスクリーニング

ピラティスムーブメントアセスメント®では、ライフスタイルスクリーニング®を通して、日頃の運動や睡眠、栄養、心理・社会的ストレス、脳機能などについて、Yes-Noチェックシートを用いて、ライフスタイルまでを含めた改善点や問題点を大まかに把握していきます。

プレアセスメント

次に3つのプレアセスメントを行うことで、安全性の観点から注意した方が良いエクササイズや、修正を加えた方が良い動作を明確化していきます。

1stアセスメント&モニタリング

次に1stアセスメント&モニタリングを通して、呼吸や姿勢の改善点、5つの動作を通して、全身のどの部分に問題点や課題点があるかを確認。更にはクライアント自身の身体や動作への気付きを引き出します。

2ndアセスメント&モニタリング

次に、2ndアセスメントで課題点を掘り下げていくことで、クライアントの問題点の改善や目的を叶える為の方向性を明確化していきます!

それだけではなく、特定された課題部位や動作を改善するのに効果的なエクササイズや、エクササイズの順番がコンディショニングフロー™シートも提供していきますので、より安全に、効果的な指導が行えます!

3rdアセスメント&モニタリング

更には、ライフスタイルスクリーニング®の結果、感覚器や脳機能のエラーが示唆される場合、3rdアセスメントを通して、感覚器や神経系の評価を行い、多角的にアプローチをしていきます。

養成コースでは、現場でスグに評価法を取り入れやすい様に、評価シートやカウンセリングシートはもちろん、評価に基づいた改善プログラム例や改善エクササイズ一覧などもお渡しさせて頂きますので、一連のシステマティックな評価を行うことが可能です。

パーソナルレッスン指導を始めたい方や、これからスタッフの雇用を考えていらっしゃる方にも、評価から介入のシステム構築のお役に立てることと思います。
 
ぜひ団体や協会の垣根を越えてのご参加をお待ちしております。


各地養成コース

3月30日、31日大阪開催:感覚器&神経系の評価とコンディショニング~ピラティスムーブメントアセスメント ピラティス神経科学®養成コース~


お申込み

有料会員の方:ご希望の開催場所のページへ移動して頂き、ログイン後「カートに追加」にてカード決済をお願い致します。

一般の方:有料会員登録後、ご希望の開催場所のページへ移動して頂き、ログイン後「カートに追加」にてカード決済をお願い致します。